Picora

星座そのもの起源とは?古代の天文学と占星術の結びつき

星座の起源とは?古代の天文学と占星術の結びつき

星座の起源に迫る!星座が綴る古代の物語

星座の起源に迫る!星座が綴る古代の物語

星座の起源は古く、今から約5000年前の紀元前3000年にまでさかのぼります。
古代の人々にとって、夜空に輝く星々は時間や季節の変化を知らせてくれる目印であり、目立つ星や星の並びに名前を付けていたとされます。

また、現在使われている星座は、紀元前3000年のメソポタミア地方(現イラク付近)の羊飼いたちが星空を見上げて、動物や道具、人物などに例えたのがルーツとされています。

その後、古代ギリシャへと伝わり、詩人たちによって星座とギリシャ神話が結びついていきました。

紀元前8世紀には、古代ギリシアの詩人・ホメロスが作った叙事詩「イリアス」「オデュッセイア」に現在でもメジャーな「おおぐま座」や「オリオン座」などの星座が記されています。

2世紀頃には、古代ギリシャの天文学者・地理学者のプトレマイオスンによって、それまで伝承されてきた星座を現代とほぼ同じ48個の星座に整理しました。プトレマイオス48星座と呼ばれ、その後、約1500年もの間にわたって使われてきました。

16〜17世紀頃になると、望遠鏡の開発によって48星座の隙間にある暗い星などを観測できたり、大航海時代の到来によって星座が描かれていなかった南天の星空を目にすることにより、南天の星空にも星座が描かれました。

その後も天文学者たちが次々に新しい星座を作り始め、星座の数が100を超えたため、1928年に国際天文学連合が全天の星座を88星座と定め、現代ではこの星座が使われています。

占星術の起源と古代の天文学の結びつき

占星術の起源と古代の天文学の結びつき

では、星座占いはどういった経緯でできたのでしょうか。

明確な起源は不明となりますが、バビロニア時代の天文学者は星座の配置や天体の動きを観察し、それを

神秘的な意味や予兆と結びつけていた

とされています。

その後、後の古代エジプトやギリシャ、ローマなどの文化に影響を与え、それぞれの文化や宗教に取り込まれ、古代エジプトでは星座占いは王家や神殿の活動にも大きな影響を与え、宗教的な意味合いも持っていました。

ギリシャやローマでは、星座占いは哲学や文化の一部として発展し、有名な占星術師や天文学者が登場しました。彼らは星座の動きや配置に関する理論を発展させ、

天体の運行が人間の運命に影響を与える

という考えを広めました。

中世ヨーロッパでは、キリスト教の影響により占星術は一時的に衰退しましたが、ルネサンス期になると再び着目されました。
ルネサンス期には、占星術が芸術や文化の一部として復活し、王侯貴族や知識人たちの間で広く信じられるようになったとされています。

まとめ

まとめ

星座および占星術の起源は古代に遡りますが、その信仰と影響力は現代に至るまで続いています。

占星術には科学的な根拠はありませんが、中世までの天文学者は占星術を生業していたように、宇宙との繋がりを大切にして暮らしていたことがうかがえます。

現代では、科学の進歩にもかかわらず、多くの人々に信じられ影響を与えています。そのような未知なる宇宙は、古代の人々にとっても現代の人々にとっても、永遠の魅力を放っているのかもしれません。

無限の広がり、輝く星々の美しさ、そして深遠なる秘密に満ちた宇宙は、いつの時代でも人類の想像力を刺激してくれるものなのでしょう。

▼星座占いに関するコラム一覧に戻る

特集

電話占いスピカ-相談件数37万件突破
新規登録で、対象の占い師が何人でも初回10間無料でお試しできます。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
電話占いピクシィ-あなたの全未来運勢
圧倒的な的中率を誇る敏腕占い師が、あなたの運勢をズバリと鑑定!
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
電話占いインスピ-恐ろしいほど当たるあなたの全運命
凄腕占い師による、恐ろしいほど当たる人気の占いが体験できます。
当たる占い・恋愛・復縁・人生
占ってみる