Picora

中秋の名月のパワー!満月の良い効果&悪い効果

おすすめ!

中秋の名月と月のエネルギーの効力&注意点

秋の夜長とカップル

秋になると空気も澄んで、お月様が大きくとても綺麗にみえますね。中秋の名月についての話や、その付近で起こる満月が人に与える影響などについて詳しくみていきましょう。

中秋の名月について

中秋の名月は、十五夜とも言われます。月見団子をお供えして健康を願い、幸せを呼び込んだり、ススキを飾って五穀豊穣や子孫繁栄などを祈りますが、最近ではこういった習慣をつい忘れてしまいがちですね。

昔からこういった風習があるということで、この日はさぞかし良いお日柄なんだろうと思っている方が多いかもしれません。しかしこの中秋の名月は、毎年必ず仏滅になってしまうことをご存知でしたか?

これは中秋の名月に当る日が、旧暦の8月15日と決まっていることに由来します。現代の暦と旧暦にはズレが起こって該当する日にちが変わってしまっても、旧暦と六曜にはズレがありません。大安や仏滅などの六曜は月ごと、日ごとに割り当てが決まっているので、毎年必ず中秋の名月の日が仏滅になってしまいます。

しかしこの日は毎年仏滅と決まっているので、特に縁起が悪いといったふうに考えなくても大丈夫でしょう。ちなみに2018年の中秋の名月は9月24日となっています。台風や季節の変わり目で天候が不安定な時期ですが、2018年も綺麗な十五夜を迎えることができればいいですね。

中秋の名月のパワー

先述したように、昔の人は中秋の名月に健康運アップや子孫繁栄、豊作などを願ってきました。現在では豊作に変わって金運上昇をお願いしてみてもよいでしょう。

中秋の名月は月がクリアに見えることから、浄化のパワーに溢れています。そういったことを意識して、願いを込めて観賞するのもいいですね。しばらく月を眺めた後は、静かな落ち着いた場所で瞑想に取り組むのもよいでしょう。

また、お月見の日は満月の日!とイメージしてしまいがちですが、毎年必ずしもそうであるとは限りません。これは暦の仕組みと月の軌道上の関係で、どうしても微妙なズレが生じてしまうからなのです。

ちなみに2018年の9月の満月の日は、中秋の名月の翌日の25日となっています。もちろんピッタリ同じになる年もありますが、大抵の場合は中秋の名月の1~2日遅れで満月になることが多いでしょう。こういったことから満月直前のクリアな月には、増幅させたいことを願うのにも適しています。

そして満月と中秋の名月が重なっている場合には、なにかを減らすようなお願いをするとよいでしょう。とは言うものの、折角パワーに満ちあふれたお月様ですから、願いごとの種類を厳しく限定せずに叶えたい望みを素直に委ねてみるのが一番かもしれませんね。

2018年の中秋の名月の日は実は吉日でもある?

さて、2018年の中秋の名月の日は、母倉日(ぼそうにち)という吉日にあたります。これは『母親が子供を慈しんで育てるように、天が人を慈しむ』という日です。

仏滅ではありますが慎んで生活することで難は避けることができますし、天からのご加護がある日なので心配する必要はありません。さらに翌日の満月の日は一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)且つ大安で、こちらはなにごとにもパワーが増幅される大吉日となっています。

ただ、悪いことも増幅させてしまうので、身を引き締めておきましょう。この日のパワーを最大限に活かすことができるように、また難からは逃れられるように、ここから先は満月が人に及ぼす影響についてみていきましょう。

満月の良い効果

満月の日には月からの引力がとても強くなり、気分が高揚しやすくなります。人間の身体のほとんどは水分でできており、海水と同様に月に水分が引き寄せられることで体内に変化が起こり、心にも変化が表われるというのが理由のようです。

これらは科学的に証明されているものではありません。しかし、狼男の逸話で彼が満月の日に変身するというのも、満月の日に人が豹変しやすいという昔からの人々の経験に由来するのかもしれませんね。満月の日には恋に落ちやすくなったり、商談なども成功しやすいという話もあります。

また、精神的な面では自己表現力がアップして感情が伝わりやすくなったり、インスピレーションが高まり直感が働くために幸運が舞い込みやすくもなるでしょう。内面が揺さぶられて普段の自分の実力以上のパワーを発揮することもあるので、満月の日に運気が上昇するといわれるのはこのためです。

また、満月の日にダイエットの誓いを立ててスタートさせると成功しやすくなるという話もあります。満月から新月に移り変わる、これからなにかが減少していく最初の日というイメージがありますから、手放したいものを意識すると効果を得やすくなるようです。

さらに金運アップに関する運気上昇に関しては、まんまるの月が硬貨をほうふつとさせること、満月が金色に輝いていることからインスピレーションが与えられます。満月の日に空の財布を振ると金運アップに繋がるといわれているのはこのためでしょう。

満月の悪い効果

残念ながら満月には、良い効果もあれば悪い効果もあります。一つは、先に挙げた気分が高揚しやすいという面がマイナスになってしまう場合です。

この場合、ひどく感情的、感傷的になりやすく、怒りが爆発してしまったり、感情が押さえきれずに泣き喚いたりしてしまいます。感情が不安定なものですから、不注意からケガをしたり、神経が高ぶってケンカをしたりと、最悪の場合には事故や事件に発展してしまうことも。

そこまでのおおごとになることは滅多にないでしょうが、うっかりミスが増えたりもするでしょう。

また、吸収率がアップするのでむくみやすくなったり、太りやすい日でもあります。先述したようにダイエットを意識するのにはピッタリな日ではありますが、無意識で過ごしている場合は肥満の入り口の日にもなってしまうでしょう。お酒の吸収率も上がるので、悪酔いしたりするはめにもなってしまいます。

しかし、こういった影響はあなたの意識次第でマイナスからプラスへと転じることも十分に可能です。自分に当てはまるような気をつけるべきことに注意を払って行動してください。そして悪い面よりも良い面を見て、月のパワーをポジティブに活かしましょう。

もっと詳しく占う

特集

PR

本格占いサービスをご紹介します!
実績が豊富なので、無料お試しをしてみては?

TV出演の占い師が多数在籍!鑑定実績は100万件以上あるので安心できます。
当たる占い・実績豊富・恋愛・総合
占ってみる
利用者の9割がリピーターに!的中率が高く、口コミで広がっている占いサービスです。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
厳選された人気占い師が在籍!片思い、不倫、性…恋愛のお悩みに強い占いサービスです。
片思い・不倫・復縁・人生
占ってみる