Picora

ホワイトデーのお返しの意味とは!?男性の気持ちの考察も

おすすめ!

ホワイトデーのお返しには意味があった!?ホワイトデーにまつわる男性の気持ち

ホワイトデー - マシュマロ

ホワイトデーが近づくと、女子はバレンタイン同様にソワソワしてしまいますよね。では男性のほうはいったいどういった気持ちで過ごしているのでしょう?あなたの知りたい答えがここにあるかもしれませんよ。

文字通りスウィートな意味を持つホワイトデーのお返しのお菓子たち

好きな人からのお返しであればなんだって構わない!というのが乙女心というものですが、女性は男性よりも少し気掛かりに感じることも多いですよね。まずは素敵な意味を持つお返しの品をご紹介していきます。

定番のキャンディーには「あなたが好きです」という意味があり、これは「キャンディーのように甘い時間を長く楽しみたい」という気持ちを表わしているようです。金平糖にも同じ意味があります。理由もキャンディーと同じく長く味わいたい、楽しみたいということのようですよ。

キャラメルの場合は少し違って、「一緒に居ると安心します」という意味合いとなります。これはゆっくりと口の中で溶けていくことを「打ち解けあう」ともじって、さらにそこから引き出される安心感を表わしているようです。

ホワイトチョコレートは「純粋な関係でいたい」という意味があります。色が白ということから連想される純粋さを暗示しているようです。また、チョコレートのお返しで同じチョコ繋がりで、尚且つ色合いを白に変えることで純粋な気持ちを表わしていると言う説も。

最近人気のマカロンは「あなたは私にとって特別な人です」という意味があります。マカロンは少し高級なお菓子でもありますから、特別な人に贈るもの…というイメージからきているようです。

マドレーヌには「あなたともっと親しくなりたい」という意味が込められています。このお菓子は貝のかたちをしていることから、「ピッタリと合わさったような関係になりたい」という願いが込められているようですね。

最後にお菓子ではありませんが、靴下にも「あなたに心を許しています」という意味があります。これは靴下のように身近にある品を渡すほど心が近い関係性を表わしているのだそうです。こじつけだったとしても、ロマンチックな解釈がたくさんありますね。

ショック!?そんな意味があったの?というホワイトデーのお返しのお菓子たち

ここからは知りたくなかったお返しの品の意味をご紹介していきましょう。

まずはド定番のマシュマロには「あなたのことが嫌いです」という意味があります。かなり意外ではありますが、「口の中ですぐに溶けてしまう=薄い関係性」というところからきているようです。

ホワイトデーの成り立ちは、そもそもマシュマロデーというものでした。バレンタインデーにもらった気持ち(チョコレートのことですね)を純白の愛情(マシュマロのことです)で包んで返す、といった意味合いからきたものだったのですが、どこをどうしたものか、現在では上記の意味合いが勝ってしまったようなのです。お菓子のライバル会社が流した噂のせいとも言われていますが、真相はどうなのでしょうね。

グミにも「あなたのことが嫌いです」という意味があります。これは噛んですぐに無くなってしまうことから、関係を早く無くしてしまいたいという意味があるのだそうです。

ホワイトチョコでなく、普通のチョコには「このお返しには大した意味はない」という意味合いがあります。これはもらったものと同じものを単に返しただけ、という贈り主のそっけない感情が表現されているのでしょう。

クッキーには「友だち同士でいたい」という意味があります。これは乾燥したクッキーはあっさりしているので、あっさりとした関係を望んでいるということになるそうです。

そして最後はお菓子ではありませんが、ハンカチには「別れたい」という気持ちが込められているとか…。別れの後にこのハンカチで涙を拭いてください、ということらしいです。

なんとなく不穏なメッセージが多いようですが、本当にこれらのメッセージを物に託してお返しとしている男性はどのくらい存在するのかは甚だ疑問ではありますね。こういったお返しをもらったとしても、特に気に病む必要はなさそうです。

ホワイトデーにお返しをくれない男性の気持ち

特にハッキリと義理チョコであることが判明している場合、お返しをしてくれるような男性は半数以下かもしれません。そもそも男性は「ホワイトデー」という日に特別感を持っていないことがほとんどですし、わざわざお返しを買いに行くとか面倒臭いし…とスルーしてしまいがち。

女性の好みそうなお返しをしてくれるような男性はほんの一握りでしょう。上司は必ずしてくれるのに!というのであれば、それは大抵の場合気の利く奥様が前もって準備してくれていることが多いのです。社会人の場合は、仕事に追われてそんなこといちいち覚えていられないということもあるでしょう。

若いうちは「義理チョコなのに、勘違いしてお返ししてくるなんて~!」と、相手の女性に自意識過剰と思われたくない…という少し捻くれた心理が働いてしまうこともあるようです。

また、端から「勝手にくれたものに対して、なぜお返しをしなければならないのか?」と思っていることもあります。これは女性側にすれば信じられない、頭にくる言い分でしょうが、男性はナチュラルにそう考えていることも多いのです。これはもう根本的に考えかたが違うのだなと諦めるしかありません。

ガチで告白したのに、なぜお返しも返事もしてくれないの?という女性も意外に多いでしょう。この場合も普通にホワイトデーの存在を忘れていた、というケースが考えられますから、すぐにガッカリするのは早計です。

ただ、あなたの告白が受け入れられるものなのであれば、もっと早くになんらかのリアクションを返してくる男性がほとんどでしょう。脈がない場合、はっきりと断ってあなたが悲しむ姿をみたくない、という心理が働いている可能性は高いです。どうしても彼の本心が知りたいのであれば、さりげなく返事を促すように話をもっていくしかありません。

ホワイトデーに女性から告白するのってアリ?ナシ?

バレンタインデーに告白する勇気を持てなかった女性のなかには、ホワイトデーに告白する決意をする方が結構いるようです。一般的な男性の気持ちで言えば、どういったタイミングであれ告白されること自体は嬉しいと感じるのがほとんどなので、結論を言えばアリでしょう。

前の項目でも述べましたが、男性はホワイトデーという日を特別なものとして意識していることはとても稀です。ですから、ホワイトデーに告白してくるなんて信じられない!というような気持ちになるようなことはまずあり得ません。

対して告白する女性側としてはイベント的なキッカケのようなものがあれば勇気を振り絞れる気がしますよね。バレンタインデーに気持ちを伝え損なったのであれば、ぜひこの日に再チャレンジしてみてください。

問題はバレンタインに一度告白したのに彼から返事がない、若しくは断られたけれど、この日にもう一度告白し直したいといった場合でしょう。しつこくしても嫌われてしまいますし、返事がないのであればまだ彼も答えを出すのに悩んでいる最中なのかもしれません。二度目の告白日としてホワイトデーを選ぶのであれば、とにかく彼にしつこいという悪印象を与えないことが大切です。

よほどグダグダな告白をしていない限り、あなたの気持ちはすでに彼に伝わっているはずですから、できる限りサラッとスマートに告白を済ませて、結論は今その場ですぐに欲しいわけではないことを伝えましょう。

一番大切なのはバレンタインデーに既に断られてしまっていたとしても、返事がもらえなかったとしても、彼を避けたりせずに普段通りの付き合いを崩さないようにすることです。もしこの告白で振られてしまったとしても、良い友だち関係を保ち続ければその後にチャンスがやってくる可能性は高まりますよ。

もっと詳しく占う

特集

PR

本格占いサービスをご紹介します!
実績が豊富なので、無料お試しをしてみては?

TV出演の占い師が多数在籍!鑑定実績は100万件以上あるので安心できます。
当たる占い・実績豊富・恋愛・総合
占ってみる
利用者の9割がリピーターに!的中率が高く、口コミで広がっている占いサービスです。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
厳選された人気占い師が在籍!片思い、不倫、性…恋愛のお悩みに強い占いサービスです。
片思い・不倫・復縁・人生
占ってみる