Picora

嫉妬やヤキモチを発散させて、自分の気持ちを整理する方法

おすすめ!

嫉妬心やヤキモチを上手に発散させる方法とは?

頭を抱える女性

相手に対して好きな気持ちが強くなればなるほど気持ちが抑えきれなくなって嫉妬心を抱いてしまうことが増えることもありますね。やきもちが膨らみすぎて失敗しないように上手に発散する方法を見ていきましょう。

誰かに話す

恋愛をしている時は気持ちが相手に集中しすぎてしまい、冷静な判断力を失ってしまうことが多くあります。一人でモヤモヤした気持ちを抱えて過ごしていると、どんどん嫉妬心が強くなったりネガティブな気持ちが膨らんでしまうこともあるでしょう。自分が感じている嫉妬心を友達に聞いてもらうと、冷静な判断をしてもらうことができます。

付き合っているのであれば、彼が女性と話すだけでやきもちをやいていたり、女友達に嫉妬してしまうこともあるかもしれません。抑えきれないどうしようもない嫉妬心を友達に聞いてもらって吐き出すことで、嫉妬心を少し手放すことができます。

感情を吐き出さずに自分の心にとどめておくと、どんどん悪い方向へと考えてしまったり、彼に対して嫌なことを言ってしまうこともあるでしょう。そうなってしまうと、彼との関係がぎくしゃくしてしまいかねません。嫉妬心によって自分の心がコントロールできなくなってしまう前に、早めに誰かに話して心の中からネガティブな感情を吐き出しておきましょう。

片思いの相手に対して感じるヤキモチは、多少だったら相手のことを本当に好きかどうかのバロメーターとなりますが、あまりに強いヤキモチは相手に対してマイナスとなってしまうこともあります。話を聞いてくれて客観的なアドバイスをくれる友達に話すことで、冷静に行動することができるようになるでしょう。

両思いでも片思いでも、嫉妬心をむき出しにしてしまうと恋愛に失敗してしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。

自分に自信をつける

大好きな彼と親しげに話す女性が、例えば自分よりも外見で劣っていたりした場合は嫉妬を感じることはあまりないかもしれません。自分よりも相手の方が上であると感じた時に抱くのが嫉妬心となります。だからこそ、自分の外見も内面も磨いて自信を持つことができれば、嫉妬心を抱くことを減らすことができるのです。

嫉妬のエネルギーはとてもパワフルです。そのエネルギーをどう使うかは自分次第となります。相手を変えようと、嫉妬心をむき出しにしてしまうとマイナスのエネルギーとなってしまい、せっかくうまくいきそうだった恋愛が悪い方向へと進んでしまうことになる可能性があります。

パワフルな嫉妬のエネルギーは、他人ではなく自分に向けて使うようにしましょう。例えば、彼の好みの女性により近づくようにメイクを研究したり、すっぴんでもきれいでいられるようにスキンケアを見直してみると、女子力がアップしてより魅力的な女性へと近づくことができます。

いつも以上に思いやりを持って接するように心がけたり、ちょっとした気配りができるように意識するだけでも自分の行動に自信を持つことができるようになるでしょう。彼に意識を集中させるのではなく、自分に意識を向けて嫉妬のエネルギーをポジティブに使うことができれば、どんな女性が来ても揺らがない自信を手に入れることができるかもしれません。嫉妬イコールよくないものではなく、自分をもっと魅力的にするチャンスだと捉え積極的に行動していくようにしましょう。

比較しない

ヤキモチを焼くということは、少なからず誰かと比べて自分の方が劣っていると感じてしまっているからでしょう。相手よりも彼に愛されたい、話したいといった感情を感じているかもしれません。その気持ちのままにライバルよりも彼と一緒にいる時間を増やそう、もっと話そうとすると間違った行動に出てしまうかもしれません。

大切なのは、ライバルよりもどうこうではなく、自分の彼に対する気持ちや彼がどれだけ自分に対して好意を示してくれるかです。たとえ彼と一緒にいられる時間が短かったりあまり話ができなかったりしたとしても、それが彼から愛されていないということにはなりません。人と比較する気持ちを持ち続けていると、いつまでたっても誰かと戦っていることとなり、本当に大切なものに意識が行かなくなってしまうでしょう。

自分の気持ちをもっと大切にして、彼と一緒にいるときには、誰かと比較するのではなくその時間を思いっきり楽しむようすると、彼にもその気持ちが伝わります。他人と比較することを手放していきましょう。そうすることで、彼が誰と話していてもあまり気にならなくなってきます。

嫉妬心は焦りや不安といったネガティブな感情を作り出し、時に冷静さを失い自分勝手でとんでもない行動に出てしまうこともあるでしょう。今までどんな人とも自分を比べていたのに、すぐに比較を手放そうとするのはハードルが高いかもしれません。少しずつ他人は他人、自分は自分と気持ちを切り替えていくことで、嫉妬を感じることも減っていきます。

自分と向き合う

ネガティブな感情を感じたときこそ、自分自身の感情に寄り添うことが大切です。嫉妬する気持ちがあるということは、その背景にどんな感情が隠れているのかということを掘り下げていきましょう。もしかしたら、本当はライバルのように彼に接したいのに自分にはできないと勝手にブロックをかけていて、うらやましいという感情から嫉妬心が生まれているのかもしれません。

自分が本当はどうしたいのかという、奥底に隠れている感情に気づいてあげることが重要なのです。この気持ちに気づかず、そのままにしてしまうとどんどんその気持ちが膨らんできてしまいます。

まずは自分の本当の感情を受け止めて、認めてあげるようにしましょう。そのためには、自分がどんな時に嫉妬するのかを客観的に見ることです。嫉妬を感じたときに、自分もできる範囲で相手と同じ行動をとってみましょう。

例えば、相手が馴れ馴れしく肩を叩いている行動に嫉妬するのなら、自分も思い切って彼の肩を叩いてみるのです。勇気のいる行動ですが、一つずつ行動していくことで自分も同じように行動していいのだと許可してあげられます。嫉妬の背景にある自分の本当の気持ちに気づくことで、今までできなかったような行動をとることができ、大きなチャンスをつかむことができるでしょう。

嫉妬は自分の奥底にある本当の感情を気づかせてくれるものです。自分の感情にしっかりと意識を向ける時間を取りましょう。ネガティブな感情をより強く感じたときこそ自分の感情が揺さぶられていることになるので、より本心を知ることができるでしょう。

もっと詳しく占う

特集

PR

本格占いサービスをご紹介します!
実績が豊富なので、無料お試しをしてみては?

新規登録で、対象の占い師が何人でも初回10間無料でお試しできます。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
圧倒的な的中率を誇る敏腕占い師が、あなたの運勢をズバリと鑑定!
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
凄腕占い師による、恐ろしいほど当たる人気の占いが体験できます。
当たる占い・恋愛・復縁・人生
占ってみる