Picora

自分が嫉妬されてしまったときにうまく対処する方法とは?

おすすめ!

嫉妬されたときの対処法を4つ紹介します!

ケンカする女性2人

自分では気づかないうちに嫉妬されてしまい、大変な思いをしたことがあるかもしれません。嫉妬されるのはそれだけ魅力がある証拠です。嫉妬された時にはどう対処したらいいのか詳しく見ていきましょう。

相手を褒める

相手が自分に嫉妬している時、相手は自分のことを過小評価していたり、自信を無くしてしまっている時です。どうせ自分なんてといったネガティブな気持ちを持っており、ちょっとしたことでもあなたの方が優れていると思うと、あからさまに不機嫌な態度を取ってしまうこともあるかもしれません。

それに気づいた時には、ちょっとしたことでいいので相手を褒めてあげましょう。直接本人に言ってもいいですが、本人がいるときに別の人にこんなことしてくれてとっても助かったんだよと話をするのも効果的です。自信を取り戻したり、私の方がすごいのかもといい気分になり、嫉妬心を和らげることができるでしょう。

ただし、やり過ぎには注意が必要です。自分に自信があって相手を見下していると取られてしまう可能性があります。あくまでも自然な感じでほめることが大切です。上からな感じで行ってしまうと、より嫉妬心をあおってしまうこととなり、余計厄介になります。

嫉妬心は自分のことも認めてほしい、もっと見てほしいというメッセージです。彼から嫉妬されたのであればいつもより一緒にいる時間を長くしたり、しっかりと愛情を伝えていくようにしましょう。

女性から嫉妬されたのであれば、まずはどんなことに不安や焦りを感じているのかをくみ取ってあげることが大切です。あなたの何気ない行動が嫉妬心を生んでしまっているかもしれません。自分の話を多くするよりも相手の話を聞くようにし、相手が感情を吐き出せるようにしてあげましょう。

距離を置く

嫉妬している時は冷静な判断ができずに、攻撃的な態度をとってくることが多いでしょう。一緒にいることであなた自身が深く傷つけられてしまうことにもなりかねません。なので可能な限り距離を置くようにした方が無難です。離れることで冷静な気持ちを取り戻すことができることもあるでしょう。

嫉妬している人は自分が正しい、相手が間違っているといった自己中心的で自分勝手な感情を抱いています。それをまともに聞いてしまっていると、本当に自分が悪いように感じてしまうかもしれません。嫉妬心は相手のわがままであり、醜い感情であるということに気づかせることが大切です。

付き合っている彼であれば、嫉妬心によって距離を置かれたら大切な彼女を失ってしまうかもしれないということに気づいてくれるでしょう。もしも距離を置いても相手の態度が変わらないのであれば、この先ずっと嫉妬され続けることになるので、それを覚悟するか別れるかを早めに決断したほうがよさそうです。人は簡単には変われないため、嫉妬心が強い彼であれば結婚してからもそれは続く可能性はあります。

女性であれば、距離を置くことで相手の気持ちが自分ではなく別の人に向くかもしれません。接触回数が少なくなれば、それだけ意識をする機会も減るので、自然と嫉妬心も収まってくるでしょう。毎日会わなければならない相手だとしても、話す回数を減らしたり相手の視界になるべく入らないようにして、自分から意識をそらすように努力することが大切です。

弱い部分を見せる

自分に対して嫉妬心を抱いている女性に対しては、あえて弱い部分を見せていきましょう。相手は勝手にあなたはすごい人だと思い込んでいたり、幸せを独り占めしていてずるいと思っているかもしれません。そうではなくこんな弱い部分もあるんだよ、実はこんなに苦労しているんだということを伝えることで、相手の嫉妬心は減っていくこともあるでしょう。

嫉妬している人は一部を見て判断し、勝手に嫉妬してくるものです。張り合おうとして自慢話をし始めたり、自分のことを大きく見せようと話を持ってくることもあるでしょう。そういう風になったときには、同じように張り合って自慢話をするのではなく、うらやましいなという反応をするのが重要です。いいな、すごいね、今度おしえてといった言葉をかけることで相手は喜び満足します。

逆に薄い反応をしたり、そんなの当たり前といったような態度をとると、自分の自慢話だけではとどまらず、身近な人の自慢話も持ってきて何とかしてあなたから満足いく反応を得ようと躍起になるかもしれません。たとえ自分の方が上だと思ったとしても態度だけは謙虚に、あえて自分の方が劣っているというしぐさを見せることで、相手は満足し勝手に嫉妬してくることはなくなるでしょう。

嫉妬している女性は承認欲求の塊でもあるので、承認してもらうことで安心し攻撃しなくなります。人に対して弱い部分を見せるのはあまり気が進まないかもしれませんが、これができると変に嫉妬されることが減り敵を作りにくくなるでしょう。

いつも通りにふるまう

嫉妬している人は周囲から見るととても分かりやすいことが多いです。明らかに不機嫌だったり、表情が怒っていたり、態度に表れやすく、感情がコントロールできないタイプでしょう。まともに相手をしていると、大きなトラブルに発展したり、周囲の人を巻き込んでしまう可能性があります。あえて嫉妬のことには触れず、いつも通りふるまうのもありです。

嫉妬している本人は、嫉妬していることに気づかれると恥ずかしい、カッコ悪いと思いつつも、心のどこかで気づいてほしいと思っています。小さな子どもが自分の思い通りにいかないと怒ったり泣いたりして、何とか自分の意思を通そうとするのと同じ感情です。それに寄り添ってあげるだけの寛大な心と時間的な余裕があればいいですが、勝手に嫉妬されて困っているということであれば気づかないフリをしておいた方が無難でしょう。

付き合っている彼に嫉妬されていると気付いても、あえて無邪気にふるまい鈍感なフリをするのもありです。そうすることで感情をぶつけてくるのではなく、自分の中で何とかしようと思ってくれる確率が高くなります。

女性であれば、いつもと変わらない感じで接することで嫉妬心を隠して接してくれるかもしれません。嫉妬心がなくなるわけではありませんが、あなたに対して何かしてくるという可能性は減るでしょう。

こちらからアクションを起こさなければ、心の中で嫉妬は感じているものの普通にふるまおうとしてくるのです。嫉妬していることに気づいてほしいとあれこれ言ってくるかもしれませんが、軽く受け流しまともに取り合わないようにしましょう。

もっと詳しく占う

特集

PR

本格占いサービスをご紹介します!
実績が豊富なので、無料お試しをしてみては?

新規登録で、対象の占い師が何人でも初回10間無料でお試しできます。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
圧倒的な的中率を誇る敏腕占い師が、あなたの運勢をズバリと鑑定!
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
凄腕占い師による、恐ろしいほど当たる人気の占いが体験できます。
当たる占い・恋愛・復縁・人生
占ってみる