Picora

フラれた相手をもう一度振り向かせる恋愛おまじない

フラれた相手にもう一度振り向いてもらえるおまじない

フラれた相手に振り向いてもらうおまじない
おまじないを始める前に

まず最初におまじないに使う道具を用意していきましょう。合わせ鏡、白い袋、手紙、ゴム、普段使っている口紅の5点です。

手紙は振られた相手に向けて、今のあなたの思いをしたためたものを用意してください。手紙の文章の長さは問いません。封筒に入れて封をしてしまいましょう。

白い袋は布製でも紙製でもどちらでもOKです。鏡がすっぽりと隠れるサイズの物を用意してください。

ゴムは輪ゴムで構いません。
口紅は色がつくものならリップクリームでもOKです。

おまじないのやりかた
鏡と口紅

【ステップ1】
合わせ鏡の片方にあなたの名前、もう一方に相手の名前を口紅で書き入れます。
画数が多くてゴテゴテになってしまうのであれば、お互いのイニシャルでもOKです。

【ステップ2】
月の明るい日に相手の名前を書いたほうの鏡に月を反射させ、その光をあなたの名前を書いたほうの鏡に反射させます。
その反射させた光をあなたの額に当てるようにしてください。

【ステップ3】
そのまま「○○さん(相手の名前)の気持ちが私に向かいますように。」と一言唱えながら相手に振り向いてもらえるように念じてください。

【ステップ4】
合わせ鏡の間に手紙を挟んでゴムで外れないようにきっちり止めましょう。

【ステップ5】
そのまま白い袋に合わせ鏡を入れ、誰にも見つからない場所に隠してください。

【ステップ6】
願いが叶ったら必ずお月様にお礼を言って、隠した合わせ鏡を袋から出して手紙を外しましょう。
合わせ鏡は柔らかい布で口紅が取れるようにキレイに磨き上げてくださいね。

注意点

合わせ鏡の魔力はとても強力です。おまじないを始める前にはお風呂かシャワーで必ず身体を清めるようにしてください。

新月から満月に向かう間におまじないを実行しましょう。満月から新月に向かう間では相手のあなたへの関心が減ってしまうか、あなたの相手への関心が薄れてしまいます。

おまじないの呪文は大抵の場合は断言法を使いますが、お月様に願掛けする場合は「~ように。」というかたちでお願いするほうが聞き届けてもらい易くなるので間違わないように注意しましょう。

おまじないをした後は、相手に対する執着心をなるべく捨てたほうがお願いごとは叶いやすくなります。必要以上に相手にしつこく絡まないよう気をつけてください。

おまじないの効果
月夜

合わせ鏡を利用してお月様の力を増幅させていきます。鏡にお月様の力を宿らせて、その間にあなたの思いをしたためた手紙を挟み入れると、相手にあなたの気持ちが届きやすくなるでしょう。

相手に対する熱心な思いや執着心は全て手紙にしたためて、今後持ち越さないようにすることで、お月様にした願掛けが叶いやすくなりますよ。

ですから手紙は今のあなたのありったけの思いを込めて書き上げてくださいね。

もっと詳しく占う
電話占いスピカ-相談件数37万件突破
新規登録で、対象の占い師が何人でも初回10間無料でお試しできます。
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
電話占いピクシィ-あなたの全未来運勢
圧倒的な的中率を誇る敏腕占い師が、あなたの運勢をズバリと鑑定!
実績豊富・人生・人間関係
占ってみる
電話占いインスピ-恐ろしいほど当たるあなたの全運命
凄腕占い師による、恐ろしいほど当たる人気の占いが体験できます。
当たる占い・恋愛・復縁・人生
占ってみる